業界に激震を走らせた「メール便廃止」。。!

業界に激震を走らせた「メール便廃止」。。

これには、ビックリしてコーラを吹き出した甘い思い出があります。

エレクアライズ オキです。

 

これだけ、普及しているサービスを停止することはヤマトさんも大きな決断だったと思われます。

ただ、ヤマトさんのスゴイのは、このようなビックサービスを止めるため、他サービスを立ち上げ補強をシッカリしているところです。

その補強の中で、

業界初のフリマアプリ「メルカリ」と連携

という記事を拝見しました。

メルカリとは、1,500万ダウンロード(2015年5月現在公表値)という普及率を誇るアプリなのですが、

スマホカメラで商品を撮影してそのまますぐに出品・購入時も安心な独自システムのフリマアプリで、

CtoCのフリーマーケットアプリです。

メルカリ、ヤマト運輸連携の内容
・メルカリが運賃の一部を負担することで全国一律料金の実現
・出品者の送り状作成の手間をカット
・送料の決済がメルカリのアプリ上で完結
・「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」対応

こういった個人売買では、先駆者のヤフーオークションさんがありますが

写真撮影、登録、出品と出品までの手間が大変でした。しかし、スマホを使うことにより出品手間が軽減されることでより

簡単に個人売買ができるようになった!というところでしょうか。

ヤフーオークションも今は大分落ち着いている感じを個人的には受けていますが、どこまで伸びるか楽しみです。

手軽に出品→手軽に売り買い→犯罪増? も懸念されますが、こういった個人売買の問題を

「企業」が噛むことにより、少しでも軽減し良いサービスが今後も増えていく気がしていますが。。。

企業が 個人に 「夢のサービスを提案」 するのではなく、

企業が

個人の力に頼っている時代

のような気がしていて。。。特にYouTuberとか。。。

企業人としては少し寂しい気がしますが、インターネット世界がある以上こういった流れになるのは

当たり前のような気も個人的には感じております。。。(^^;

プライドは捨て、長いものに巻かれていこう!!

と最近は開き直っております。(笑)

みなさま、どのように感じましたでしょうか?

それでは、失礼いたします。