商品が売れる!? 糸井重里が認めた最強のキャッチコピー

 


毎度ご購読ありがとうございます。
営業部の布施です。

商品が売れるという事、売れている店舗と売れていない店舗の差って
何でしょうか?

売れている店舗では、売るためのコツとして、キャッチコピーや
行動心理学を手玉に取った方法まで、様々な仕掛けがあるものです。

御社にあった方法とは いったい何でしょうか?

 

 

●最強のキャッチコピー!?

世の中の商売の中で、売れている企業と、そうでない企業で
何が違うかご存知でしょうか?

ブランディングや経営方針もあるので一概には言い切れないのですが
よく言われる決定的な差は、キャッチコピーの力の差だともいわれております。

かの有名な糸井重里さんが最強のキャッチコピーとして

「今売れてます。」を 挙げておられました。

あんなに名キャッチコピー製造機の同氏が、これに勝てるキャッチコピーはない
と断言されていたので、衝撃を受けたことを覚えています。

 

 

●売れている=人気がある

ネットショップで、商品が売れている状態を示すものとして、
お客様が参考にすることの多い”レビュー”があります。

なるほどじゃあ レビューを集めれば・・・

ちょっと待ってください。
レビューは、書いていただくための工夫や、数が集まるまでに膨大な時間を
要する難しいものなのです。一朝一夕にはいきません。
なかなか商用利用に難しいところがあります。
「売れているから書いてもらえて、書いてあるから売れる」といったように
どこから、どちらが最初なのかわからない謎のスパイラルになっています。
卵と鶏どちらが先なのでしょうか?
※ちなみに生物学的には、卵が先になります。

 

 

●人の出入りを見せれば、人を引き付ける

初めての土地で、ご飯を食べようとしたときに、何を基準にされていますか?
食べ物の種類を選ぶ前に、まずお店選びに頭を悩ますことと思います。

その指針としてわかりやすいのが「行列」じゃないでしょうか?
並んでまでご飯を食べる = おいしいに違いないと。
レストランでは、窓際の席から先に座らせたり、コンビニでは本棚を入り口付近の
窓ガラスの前に設置して、立ち読みしている人を外部に見せて、連帯感や安心感の演出をしているのと
同じことになります。

 

 

●人の出入りや売れている状況をどうやって表現したらいいのか

日本人は「口コミ」や、「みんなと一緒」ということに弱いので、いわゆる「販売促進ツール」「にぎわい演出」
といったたぐいのツールをお店につけることをお勧めします。

それを見ることにより「安心感」や「連帯感」をお客様に植え付けることが出来ます。
そのうえ「受注商品の表示」ということは、「今売れてます」を可視化するためのツールと言っても過言ではありません。
お店の信頼感の演出や、購入のためらいを払拭する効果が高いこと請け合いです。

エレクアライズでも「楽ロボ」という販売状況をみせるツールを提供しています。
ご興味があれば少し覗いて行ってみてください。


http://raku-robo.com/

この「楽ロボ」 今売れてます。

※今なら「記事を読んだ」とお伝えいただければ、70%OFFの特別価格でご利用いただけます。
まずはお問合せください。