room

楽天はどうなる?楽天の情報共有会「R-Camp」とは?

楽天も20周年を迎え、

大分、決算報告を見ると”崖っぷち”に立っているようです

おもしろい記事があったのでご紹介します。

楽天の情報共有会「R-Camp」開催!

━━━━━━━━━━━━
楽天、20周年目前の”今”
━━━━━━━━━━━━

楽天株式会社(以下「楽天」)は、27日に楽天役員による情報共有会(通称「R-Camp」)を実施しました。

20周年を目前とした2016年のテーマで、楽天市場の注力テーマは2つあるそうです。

 

まずは、”品質への徹底的なこだわり”

「安心・安全への取り組み(広範囲にわたる包括的施策)」「Voice of Merchants(店舗様からの声)」「Voice of Customers(お客様からの声)」「UI & UX(使い勝手)」という、この4つのPDCAサイクルを回していくことで、顧客満足度の最大化を図る。

 

2つ目の注力テーマは、”魅力あふれる楽しくお得なお買い物”

70以上のサービスを提供し、アカウント数は1億にまでのぼる楽天では、やはりサービスを複数利用するクロスユーザーが多いそうです。楽天市場を中心にユーザーの生活を豊かに、そして便利にしていくそうです。

 

そういった取り組みの中で新たな商品との出会い方を提案するサービス、「ROOM」について、サービスの紹介がありました。

━━━━━━━━━━━━
Not ランキング!センスで商品を選ぶ「ROOM」
━━━━━━━━━━━━

「ROOM」とは、”「欲しい!に出会える。」キュレーションメディア 〜モノからモノだけでない、モノからヒト、ヒトからヒト、ヒトからモノ、という新しい出会い方〜”

がコンセプトとなっており、日頃から楽天市場をよく利用しているお買い物の”目利き力”のある人たちが集まる場所のようだ。

具体的に、商品ページや購入履歴から、商品のオススメしたいポイントや実際に使った感想などとともに投稿することができ、ユーザー層は、やや女性が多く、やや若いという。

楽天市場では、自分の好みに合った商品に出会うのがなかなか難しいのだが、「ROOM」によって自分のがピンとくる、「いいね」と思えるモノに出会え、その商品がすぐに買えることができるそうです。

そして、自分のセンスを発信し、趣味で繋がることができるのも、趣味やこだわりを持つ人々にも嬉しいことだ。そして、何よりも「いいね」に加えて楽天ポイントがもらえるというのも大きなポイント。

自分が投稿した商品を他のユーザーが購入すると、5%のポイントが還元されます。ROOM経由の売り上げを100万円以上あげたユーザーもいるそうです。

━━━━━━━━━━━━
まとめ
━━━━━━━━━━━━

この「ROOM」の存在意義というのは楽天市場のランキングに登場しない商品に光が当たる可能性がある点ではないでしょうか?

例えば、世界的なSF映画「スター・ウォーズ」に登場するダース・ベイダーを模した吉徳大光の鎧飾り。高額商品であるゆえにランキングには登場しにくいのだが、「ROOM」の「あなたの『#スター・ウォーズ』コレクションをつくろう」という企画を機に販売数が伸びたという話もありました。

「ROOM」を使い始めてから、楽天市場を利用するようになったという方もいるそうで、楽天市場のユーザーを増やす施策としても一役買っているようです。

 

ぜひ、皆様も一度ためしては、いかがでしょうか?

 

https://elecalize.com/curation/

Elecalize Curation

エレクアライズ

※参考資料:ECのミカタ