スマートフォン

EC市場規模13兆円、今後の日本市場はどうなる?スマホ対策急務?

 

なかなか、EC市場も厳しい局面を迎えておりますが、

今後の日本市場はどうなるのか?

おもしろい記事があったのでご紹介します。

 

EC市場規模13兆円、基盤となる日本市場動向とは?【経済産業省調べ】

━━━━━━━━━━━━
EC市場をより深く知るために、日本市場を知る
━━━━━━━━━━━━

経済産業省より発表のあった「電子主取引に関する市場調査」によれば、2015年のBtoC-ECの市場規模は13兆7746億円、前年比7.64%増。

過去5年間、前年比10%以上の伸びを続けてきたのに対して前年比7%にとどまった大きな理由として、経済産業省は「個人消費そのものが落ち込んでいた」としています。

EC市場だけでなく、日本全体で経済が落ち込んでいるということですね。

━━━━━━━━━━━━
日本市場の状況とは?
━━━━━━━━━━━━

2015年のGDP成長率

GDP(国内総生産)とは国内で生み出された付加価値・利益のことを言うが、そのうち個人による消費は約6割を占める。

四半期ごとにGDP成長率を見ると、1-3月+8.3%、4-6月-0.2%、7‐9月+2.6%、10-12月-0.9%で、成長率は一進一退

消費動向

2015年月別の小売業販売額を見ると、1~3月は前年比大幅減となったが、4~8月、10月が前年比、それ以外の月は前年比となっている。

2015年の個人消費はやや落ち込み気味だったとの見方ができます。

━━━━━━━━━━━━
ECの根幹、インターネットの事情は?
━━━━━━━━━━━━

インターネットの利用状況

2014年末の時点でインターネットの利用者数は1億0018万人、人口普及率は82.8%となっていて、インターネットはますます身近な存在となっていることを感じられます。

スマートフォンの利用状況

インターネット利用端末として、2014年末時点で

・「自宅のパソコン」 53.5%、

・「スマートフォン」  47.1%、

・「タブレット型端末」 14.8%

となっていて、スマートフォンの利用が急激に進んでいることが分かります。

━━━━━━━━━━━━
まとめ
━━━━━━━━━━━━

2015年のBtoC-ECの市場規模13兆7746億円、前年比7.64%増という数字は、一見、成長が落ち着いたかのように見えますが、EC市場に対して、スマートフォン成長が進んでいる事から、その進化の速度を思えば、スマートフォン対策は急務!

また、そのスマートフォンの利便性と機能を考慮すれば、限りなくリアルとの垣根もなくなってきたと言えます。スマートフォン利用が増え、サイトの作り方が変わったように、リアルとの垣根さえも無くしてしまうスマートフォンという技術革命はすさまじい力があることを表していると言えます。

日ごろから積極的に情報収集をし、店舗運営に生かすことが求められる時代のため、より個人での戦いは厳しくなりそうです。よいパートナーを探すことも視野にいれておくと良いかもしれません!

ぜひ、皆様も今一度見直しては、いかがでしょうか?

 

smafo

 

 

https://elecalize.com/curation/

Elecalize Curation

エレクアライズ オキ

※参考資料:ECのミカタ